umanohoneo’s photo blog

山歩きと風景写真

2019-09-25 栗駒山 天馬尾根コース・産沼コース周遊

Nikon D750 と AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR を携えて、栗駒山に登ってきました。栗駒山に登るのは4回目ですが、今回は初めて天馬尾根(秣岳)コースで山頂を目指しました。

 

前回の栗駒山登山はこちら

umanohoneo.hatenablog.com

 

秣岳登山口

秋田県東成瀬村の秣岳登山口から入山します。産沼コースで須川温泉登山口に下山する予定なので、下山後に車を取りにここまで車道を歩く覚悟を決めます。

 

f:id:umanohoneo:20200209012644j:plain

樹林帯の登りからスタートです。ブナの葉が色づき始めています。

 

キノコ

キノコ発見。

 

秣岳

樹林帯を抜けると秣岳が見えてきました。残念ながら山頂は雲に覆われています。

 

栗駒山荘と須川高原温泉

栗駒山荘と須川高原温泉が遠くに見えました。この位置から見るのは新鮮です。植生がスパッと切り替わっているのが面白い。

 

秣岳登山道から望む須川湖

眼下には須川湖。開放的な登山道を歩いていきます。

 

秣岳山頂

秣岳の山頂に着きました。「東成瀬村で 一番高いところ」と書いてあります。

 

f:id:umanohoneo:20200120002843j:plain

秣岳を越えると、最初の湿原が見えてきました。草紅葉が見事です。

 

白銀草原

しろがね草原に到着。歩みを止めると、聞こえてくるのは風の音だけです。こんなに静かな山旅は何年ぶりでしょうか。

 

f:id:umanohoneo:20200120002920j:plain

強風に晒される展望岩頭を足早に通り過ぎると、山頂に至る稜線が見えてきました。燃えるように赤く染まった山肌、と言いたいところですが、天気のせいでいまいちパッとしません。

 

f:id:umanohoneo:20200120002938j:plain

須川分岐を後にして、山頂に向かって稜線を歩いていきます。日の射した一瞬を見逃さず、眼下を写真に収めました。

 

栗駒山の山頂標識

栗駒山、四度目の登頂です。ここまで来ると感慨深い。

 

栗駒山は一番好きな山で、これまで須川コース→産沼コース周遊を2回、東栗駒コース→中央コースを1回歩きました。どれも魅力的ですが、天馬尾根コースは負けず劣らず素晴らしいコースだと感じました。

静かな山行を楽しみたい方にはお勧めです。

 

こちらもどうぞ

二日後に秋田駒ヶ岳に行きました。

umanohoneo.hatenablog.com