umanohoneo’s photo blog

山歩きと風景写真

2016-05-28 日光白根山

丸沼高原のロープウェイを降りると、高山植物が迎えてくれる。この時期はシラネアオイチングルマが見頃だ。正面には白根山。これから始まる山行に期待が高まる。

f:id:umanohoneo:20160606012825j:plain

 

 

登山口からしばらくは、気持ちのよいシラビソとダケカンバの樹林帯が続く。起伏の少ない道で体を慣らしておきたい。

f:id:umanohoneo:20160606014051j:plain

 

七色平分岐で右に進路をとり、山を巻きながら徐々に高度を上げていく。時折谷筋を通り抜ける風が心地よい。

f:id:umanohoneo:20160606015401j:plain

 

樹林帯を抜けると一気に視界が開ける。心なしか足が軽くなる。

f:id:umanohoneo:20160606215121j:plain

 

ガレ場を登りつめると、山頂が見えてくる(写真左手)。ここから前方に岩場を下り、登り返すと5分ほどで山頂に至る。ストックは邪魔になるので、往復予定ならデポしていってもよいだろう。

f:id:umanohoneo:20160606011446j:plain

 

12:12 登頂。ここまで登山口から 2:08 かかっている。この写真はひとつ前の写真とちょうど向き合うような位置関係にある。

f:id:umanohoneo:20160607003109j:plain

 

登ってきた道をそのまま下ろうか迷ったが、せっかくなので五色沼に寄ることにした。南東に進路をとると、ほどなくして眼下に五色沼が見えてくる。当日はあいにくの曇り空だったが、美しい青は健在だ。

f:id:umanohoneo:20160605234256j:plain

 

同じ場所から、男体山中禅寺湖がよく見える。いつかは登ってみたい山だ。ご神体と呼ぶのが適切だろうか。

f:id:umanohoneo:20160606013941j:plain

 

急坂のガレ場を慎重に下っていく。この日一番の難所だ。あまり人にお勧めできるルートではない。登りで使うのが賢明だろう。

f:id:umanohoneo:20160606224621j:plain

 

難所を超えるといつの間にかダケカンバの樹林帯に入っていた。足元にはバイケイソウが密集している。ダケカンバが生い茂る前に日光を浴びようと一生懸命だ。生命力という言葉がこれほど似合う植物もない。

f:id:umanohoneo:20160606225253j:plain

 

ダケカンバの樹林帯を抜けた後、緩い下りを15分ほど歩くと五色沼に着く。ここから弥陀ヶ池(みだがいけ)までの登りが実質的に最後の登りとなる。時間があればゆっくりしていきたい。

f:id:umanohoneo:20160606225834j:plain

 

弥陀ヶ池の西の分岐を西に進むと、急坂の下りが待っていた。膝を痛めていたので、分岐を北に分け座禅山の山腹を巻くルートのほうが良かったかもしれない。後で気づいたことだが、地図を見る限りそちらのほうがなだらかだ。

f:id:umanohoneo:20160606230836j:plain

 

時間に余裕があったのでロックガーデンの植物たちを鑑賞してからロープウェイで下山した。

f:id:umanohoneo:20160611001656j:plain

山行情報
  • 日程
    1泊2日(前夜泊)
  • 天気
    曇り
  • 行動時間
    9:30 - 15:30, 6時間(ロープウェイ利用含む)
  • 交通手段
    電車(都内→宇都宮)
    レンタカー(宇都宮→現地)
  • 付近の温泉
    座禅温泉(日帰り利用)
    湯元温泉(宿泊利用)
  • 最寄りのコンビニ
    ファミリーマート日光清滝店(日光・宇都宮方面)

 

連れて行ったものたち

KEEN Clearwater CNX

軽くて、涼しくて、履き心地がよい。かかとが固定されるので車の運転にも不安を感じない。また、トゥガードがしっかりしているので、山小屋泊やテント泊の山行で周辺をうろうろするのにも適している。少し値は張るが、買って損はないサンダルだ。自分は2足持っていて、うち1足は Amazon のタイムセールで4千円台で手に入れた。

KEEN Clearwater CNX

[キーン] KEEN サンダル Clearwater CNX (Men's)

[キーン] KEEN サンダル Clearwater CNX (Women's)

 

おまけ

最寄りのコンビニにいた猫がかわいい。

人に無関心な猫