umanohoneo’s photo blog

山歩きと風景写真

2017-09-30 須川湖キャンプ場

紅葉を見に栗駒山に行ってきた。栗駒山は2年ぶり2回目の訪問だ。今回は旅費削減のため、須川温泉近くの須川湖キャンプ場に前泊することにした。翌日、登山口近くの駐車場を確保するのにも都合がよい。須川湖キャンプ場(村の公式サイト)は秋田県東成瀬村の施設で、須川温泉から車で2~3分の距離にある。総じて快適なキャンプ場(特にトイレ)で、また利用したいと思った。施設管理者の方に感謝である。


予約

キャンプ場の貸しテントを借りるため、利用日の3日前に電話で一報を入れておいた。テントは施設側で設営するとのことであった。もちろん、借りるものがなくても事前連絡はすべきだ。寝袋は借りられないので、持参する必要がある。

チェックイン

当日、11:00頃キャンプ場に到着し、管理棟で施設管理費とテント使用料の支払いを済ませた。テントの設営は既に完了しているとのことであった。翌日早朝出発する旨を伝えると、チェックアウトの手続きは不要と伝えられた。栗駒山荘の日帰り入浴割引券と銀マットを受け取り、車で案内されたテントサイトに向かう。銀マットを貸してもらえるとは思っていなかったので、嬉しい誤算だった。

テントサイト

事前連絡したおかげか、トイレと炊事場*1に最も近いテントサイトを割り当ててもらえた。また、他の利用者とテントサイトが隣接しないように配慮してくれたようだった。テントサイトからは須川湖を臨める。囲まれ感と開放感が同居した素晴らしいテントサイトだ。

f:id:umanohoneo:20171015015445j:plain
Photo: テントサイト。少し窪んだ位置にあり、程よい囲まれ感がある。

f:id:umanohoneo:20171015123227j:plain
Photo: テントサイトから須川湖を望む。開放感が心地よい。

駐車場

駐車場所はチェックインの際に管理人から指示された。管理棟の目の前に駐車場があるが、それは管理棟付近のテントサイトを割り当てられた利用者のための駐車場のようだった。自分は管理棟から少し離れたテントサイトを割り当てられたため、テントサイト近くの敷地内道路に駐車するように指示された。

f:id:umanohoneo:20171015113559j:plain
Photo: すれ違いのために幅員が広くなっている箇所に駐車する。ここからテントサイトまでは徒歩1分以内。

f:id:umanohoneo:20171015120001j:plain
Photo: 反対側から。奥に小さく見えるのが炊事場。

炊事場

f:id:umanohoneo:20171015122421j:plain
Photo: 炊事場外観。右手奥の建物はトイレ。

f:id:umanohoneo:20171015122459j:plain
Photo: 炊事場内部。洗い場とかまどがある。

トイレ

事前情報どおり、トイレはきれいだった。嫌な臭いもしない。清掃が行き届いている様子が窺える。9月末とあって、虫もいない。流石にウォシュレットはないが、どうしても気になる場合は栗駒山荘まで車を走らせればよい。

f:id:umanohoneo:20171015121047j:plain
Photo: トイレ外観。左が女子トイレ、右が男子トイレ。

f:id:umanohoneo:20171015121142j:plain
Photo: 男子トイレ内部。大は和式がひとつ。ハンドソープはない。

過ごし方

この日は、強いときで3mm/h程度の雨の予報が出ていたので、降り始める前に外で寛ぐことにした。椅子に腰掛けて、コーヒーを淹れる。空を眺め、木々が揺れる音に耳を傾ける。大したことはしていないが、これが最高に心地よい。キャリーケースにキャンプ道具を詰めて、わざわざ東京からキャンプしに来るだけの価値はある。

f:id:umanohoneo:20171015125949j:plain
Photo: Helinox チェアワンに腰掛けコーヒーを淹れる

f:id:umanohoneo:20171015162135j:plain
Photo: スノーピークのチタンシングルマグを直火に掛ける

Yahoo!天気アプリの雨雲レーダーをチェックしつつ、降り始める前に外に出していたキャンプ道具をテント内に退避させた。その後間もなく、雨が降り出した。便利な世の中になったものだ。結局1時間ほどしか外に居られなかったが、貴重な晴れ間を有効に活用できた。

未整理

f:id:umanohoneo:20171015151107j:plain
Photo: 日没(17:36撮影)

f:id:umanohoneo:20171015150832j:plain
Photo: 夜の管理棟。この日は、ちょうど21時に消灯した。

f:id:umanohoneo:20171015150925j:plain
Photo: 星空(20:29撮影)

*1:二組あるうちのひとつ

SWANS エアレスウェイブ

夏の北アルプス登山に向けて、SWANS のエアレスウェイブを購入した。結論から言うと、良い買い物ではなかった。2016年の個人的残念買い物ライキング第1位となってしまった。

メーカーサイト

何がいけないのか

視界の歪み、これに尽きる。掛けるとすぐに気持ち悪くなってくる。実勢価格6,000円~12,000円の商品にしてはあんまりだ。

どうしてこうなったか

視力の低い状態で試着したため、視界の歪みに気付けなかった。普段メガネを掛けているが、それと交換する形でサングラスを試着してしまった。裸眼視力が低いのであれば、コンタクトレンズを装着した状態で試着すべきであった。スキー用のゴーグルでは同社の製品に問題を感じていなかったので油断した。

それでも良いと思える点

デザインと軽さ(15g)、装着感は良いと思えた。ただ、やはり基本機能としての良好な視界の確保がままならないので、ダメなものはダメである。

最後に

山本光学さん、商品コンセプトは評価しているので、歪みの改善をお願いします。